人生、難あり

若俳推し活備忘録

チケットの半券を整理した話

どうもこんにちは、クソオタクです。

 

突然ですが今まで自分が観に行った舞台のチケットの半券、アレどうやって整理してますか。 

(唐突な出だし) 

ちなみに私はロフトで売ってた500円くらいのシールホルダー(ファイル?)に半券だったり発券待ちの控えをまとめて入れてましたが、半券の量が増えていくにつれてホルダーがだんだん膨らんでいき、最終的には持ち歩くのにも少々難ありとなった為、なんかいいもんどっかにねーかなー……と色々探していたところ、先日ついったでプチバズってたこちらのブツを運良く見つけられたので、早速購入してまいりました。

ワナドゥ手帳 演劇 https://loft.omni7.jp/detail/4536232010341

f:id:kanimisokun:20181117003645j:image

中身はこんな感じ。

左ページには観に行った舞台の詳細を記し、右ページには半券もしくは舞台写真を貼る仕様です。

f:id:kanimisokun:20181117002944j:image 

そして実際に記帳してみた例。

(一部モザイクを施しています)

f:id:kanimisokun:20181117082812j:image

なお、上記画像はマトモ(?)な記帳の一例なので、実際の記帳はここまできちんとやってません。観劇日時と会場名、作品名を書き込んだあとは《感想》のところに「◯月◯日ソワレ・お見送り回有り」「◯月◯日大千穐楽・カテコの挨拶で弄られる」など、観に行った回に何があったかメモしています。ちなみにオタクが物理的にも精神的にも疲弊していく《例の舞台》の半券を貼ったページには、観に行った回での推しの順位を記入しました……

 

で、実際に使用してみた所感ですが

・半券の整理を兼ねた備忘録ノートとしてはちょうど良い

・1ヶ月につき1作品の観劇ペースであれば恐らく3年弱分の記帳が可能

・但し、多ステならびに全通勢には不向きかもしれない(1ページあたりに対して半券を大量に貼る羽目になる)

・主要劇場の座席表もついてて便利!と言われているが、2.5次元舞台における主要劇場では無かった(載っているのは梅芸くらいで、あとは宝塚劇場・日生劇場シアターコクーン・赤坂ACT・帝劇に明治座と、それから地方の大型劇場だけ。サン劇や銀劇、TDCなどは載っていない……)

・《気になる役者のプロフィール記入》ページは正直いらんかった

・水性ペンやゲルインクのペンを使うとインクが擦れてシャッてなったり、貼った半券にインクがついたりする(超個人的なマイナスポイント

 

まあでもこうして手帳にせっせと半券貼りつつ当時のことをメモっていると、1年経つのはあっちゅー間だなとしみじみ感じてしまいますし、手帳に貼られた半券の分だけとても多くの諭吉や英世が召喚されてきたんだと思うと、思わず顔がスンッ……てなります。ひとまずのところは来年の今頃、ページが全て埋まっているのを楽しみにしながらクソなオタクは舞台の上に立ち上がってる推しの姿を観客席から眺める日々を、まだ暫くは過ごしていきます。

クソなオタクの独り言

どうもこんにちは、クソオタクです。

 

グループ内でも結構話題になってましたが、エーステメルマガ先行の件。私は推しが出ていないのでえすりのオタクのフォロワー様とエーステに推しが出演しているフォロワー様から要請を受け、ふたり合わせて全公演(42公演)のエントリーを3日にかけて済ませてきました。

いやアレめちゃくちゃ疲れますね!!メルマガ内のイープラ専用ページに飛んだら公演会場選んでからのログイン入力→希望公演日時の選択→希望枚数の選択→【同意して申し込む】ボタンを押す→ブラウザを閉じてメルマガ開く→メルマガ内の(以下略)……を一体何回繰り返したか!!23日の13時には当落が出るようですけれど、大量に届く当落メールを受け取るうちにスマホの充電切れるんじゃないか?と今からビクビクしています。あとはどれだけチケット取れるか、それが心配なんですけれど──えすりのオタクのフォロワー様にはもしもチケットが全当したら38公演×2枚分のチケット代を現金払いでお願いしなくちゃいけませんので、そっちの方も心配です。計算すると結構すんごい額ですよコレ……むしろ発券が大変そうだ……

 

そしてここから本題というか、クソなオタクの独り言です。毎度の如くただただひとりで何か言ってるだけなので、何卒ご理解、ご了承のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

前から薄々感じてはいたけど、推しはどうにもアップダウンがわかりやすい。これは決して長く推してるからではなくて周りの人と比べて見てみて《わかった》ことだし、半年くらいのご新規さんでも勘付くくらいのものだから、きっと他にも気付いてる人はいるんじゃないかと思ってる。

厳しい意見になってしまうが、そこはなるべく隠して欲しい。ひとたび舞台に立ち上がったらいつでも絶対最高のものを観せてくれるのはわかっちゃいるが、表向きにはもう少し、初日の幕が開くその日まで、ツイート越しにオタクをわくわくさせて欲しい。映画の予告を見るように、舞台を観に行くその当日まで期待をとことんさせて欲しい。もしくはせめて公式垢からツイートが来たら、引用RTでひとことコメントつけて欲しい。ぶっちゃけた話《責任持って役を演じる》真面目な姿勢が伝わりにくいここ最近の状況は、なんだかとっても勿体無い。

毎回ファンレに書いているけど、役に対してめちゃくちゃ真摯に向き合った結果が舞台の上に立ち上がってる姿を通じて観られることを楽しみにして、クソなオタクは舞台のチケを買っている。ひとつたりとも同じ演技にならない芝居を観に行くことに価値があるから、何度も同じ舞台に通う。推しは時々直近に出したファンレの言葉に応えるようなツイートをしてくれるから、そこは本当に有難い。でも、いつも観に来るオタクがいるのをわかっているのは有難いけど、安心だけはしないで欲しい。それは勿論私以外の推しのオタクも含めてだけど、ある日いきなり観に来なくなる可能性だってゼロではない。そしてそうなる《理由》は決して、お金や時間の問題ではない。その作品とその役に賭ける役者自身の熱量を測って、観に行く時間とそれからお金を使うかどうかを決めるのだ。そうでなければ赤の他人を、ましてや自分の恋人でもない男性を、ここまで応援したいだなんて思えやしない。他のオタクはどうだか知らんが、少なくともまあ、私はそうだ。

 

今月末には手元の控えを握り締め、クソなオタクはコンビニのレジでソレを再び紙束に変える。それを手にして推しの舞台を観に行くその日が、楽しいものになりますように。

 

それでは皆様、良い推し活を。

 

こればっかりは難しい

どうもこんにちは、クソオタクです。

 

グループ内で先月あたり、ちらほらお題に取り上げられてた《認知》の話。推しには恐らくぼんやり認知をされてるだろうと思われているクソオタク、色んな方の認知にまつわる体験談を感嘆混じりに拝見させていただきまして、よしじゃあ私も!と思ったのですが、テキストぽちぽち打ってる間にとある現場の出来事のことがふと過ってはその度おもくそ凹んでたので、結局テキスト全消ししました。

 

ちょっと前にもブログに書いていましたが【推しを推し出して満2年。決してガッツな訳でも無いし、古参な訳でも無いオタク】というのは実際本当です。いちオタクとして頑張ってるのは現場に行くのに休みをなんとかもぎ取ってるのと、チケ代稼ぎに毎日せっせと働いてることくらいです。ただ、推しを『推そう』と思った当時の頃は外部の舞台をきっかけにしてオタクになったという人が少なく、しかもそのあとやたらと積みイベ・接触イベが多かったので、当然ながら現場に赴く頻度=推しと対面を果たす頻度が上がってしまい、必然的に推しからぼんやり覚えられてたようなんですが──それに対して『ずるい』と言われ『長く推してる人とは違う』と凹まれる日が来るなんて、クソなオタクはこれっぽっちも思いませんでした。今回のブログは「そこそこ長いオタクのくせに、そんな程度で凹むのかよ!」と突っ込まれるのは承知の上で、モヤモヤしたのを吐き出すだけの内容となります。ご了承ください。

 

接触に行くと毎回推しから「いつもホントにありがとうございます」と言われることが『ずるい』と言われ、対応の差に『長く推してる人とは違う』と凹まれる。思えばいつも現場で会う度「私も推しくんに認知されたい!」と言われていたので、クソなオタクはその熱量にびっくりしながら「現場にしょっちゅう顔出してれば、そのうち推しから『いつもありがとうございます!』って言われるようになりますよ〜」と、上から目線にならないように気をつけながらそつなく返していたんですけど、そのうちだんだん「全通したのに全然気付いてもらえていない」「前方席に座っていたのに目線が来ない」「お見送りでも普通にバイバイされて終わった」などと愚痴られるようになってしまい(それについては「それはまあ……あれだけオタクの人数がいれば……難しいかと……」と濁しましたが)ついにとうとう《とある現場》でたまたま一緒になった時、冒頭のことをぼそりと言われて凹んだ訳です。

 

しかし純粋に疑問なんですが、こういう時って一体どうすりゃいいんですかね???タイムマシンを調達でもして私が推しを《推そう》と思ったあの夏の日にご招待すりゃいいんでしょうか???いや無理ですよそんなこと。だって時間は巻き戻せないし、そこから推しを推し出したとしても絶対必ず推し続けられる確証なんかありっこない。私はたまたま随所随所でログインボーナス獲得出来たお陰もあって日々是楽しく(?)推し活出来ていますけど、去年の夏とか今年の頭はあまりの地獄にメンタル結構やられましたよ????今となってはいい思い出だと、笑って話せもしますけど。

 

いやもうホント、こればっかりは難しい。

出来ることなら私も今からクノイチになりたい。切実に。

舞台化ラッシュについての話

(※こちらの記事は投稿後1度下書きに戻し、加筆の上、再投稿をしております。あらかじめご了承ください)

 

気付けば10月が終わってました。

 

前エントリーで《推しの舞台を金欠の為に1公演だけ諦めた》ことに自己嫌悪しつつ、しかしすぐまた次の舞台のFC先行が控えているのでそっちにがっつり当て込みます!と宣言しましたクソオタク。なんとか無事に希望公演全てのチケを!!押さえることが!!!出来ました!!!

いやもうホントに運が良かった。だいたいいっつも先行の日は仕事をしていて争奪戦すら加われないまま終わってたのに、今回仕事がたまたま休みときたもんだ。しかも手伝い一切ナシでの完全自力による争奪戦……更にS席取れたのだって過去1回しか無かったのに、今回地方の1公演だけ逃した以外は全部S席!エントリー中に鯖落ちを食らうことも無く、めちゃくちゃすんなり全部が取れたの初めてですよ!!?こりゃもう絶対、大神宮にお参りしてきたご利益以外に他ならない!マジですげえよ大神宮!!

 

しかし最近、やたらめったら舞台化の報せが多過ぎ&発表からのチケ発期間が性急過ぎる気がします。実際私の友人達は毎月のように推しが舞台に出ずっぱりだし、舞台が終わればすぐまた次の舞台の稽古が始まってるし、更にその上来年春まで出演舞台が決まっているしで、見てると毎週先行だったりチケ発などが目白押しなので『推しの舞台がいっぱいあるのは嬉しいです!!』とは言うものの、友人自身もなかなか多忙な方々ですから、スケジュール管理が大変そうです。クソなオタクが推してる推しはそこそこ適度なスケジュールですので(※11月上旬現在)友人達の推してる推しより幾分余裕はありますけれど──ただ、昨今の舞台化ラッシュの煽りを受けてスキマ期間にいきなりしれっと他の舞台を捩じ込んでくる可能性は考えられなくありませんから、先に備えてアップはしておく所存です。

にしてもマジで舞台化ラッシュの波パねえ。複数の推しがいる方だったり推しの出ている舞台の他にも《自分が推してるジャンル》の舞台や《かつて通ったジャンル》の舞台に行ってる方は、この先ほぼほぼ毎日のように劇場通いを余儀無くされるレベルじゃないか?と思うほど。だけども正直チケ取りだって作品規模の大小によっては激戦だったり楽勝だったり様々だから、絶対取れる保証は無いし、ましてや決して安くもない。そもそも運良くチケが取れても、休みが取れなきゃ話にならん。製作サイドは舞台人気が盛り上がってる今のうち!……と思って色々やるんでしょーけど、そのうちだんだんカネと時間の都合がつかずにやむなく現場をセーブせざるを得なくなるオタク、増えてくるんじゃないかと思う。そして気付けば客席がなかなか埋まらなくなって、リピ特出してもハイタやっても大して人が集まらなくなって、キャストがどんなに頑張ったって興行的には残念な結果に終わっちゃうから観に行くモチベもダダ下がりまくって、最終的には《それでも観に行くガッツなオタク》が僅かながらに残っていても、結局のところ供給過多で、ブームは一気に冷めると思う。

製作サイドはそこまで先の未来予想図、ちゃんと起こしていないんだろーな。目先の人気で推し量るだけで、市場調査はしてないんだろーな。ビジネス的な話になるとクソなオタクは一気に口調が硬くなるのでここからあとは端折りますけど、このやり方では近い将来、綻びが出ると思うんですよ。だってぶっちゃけわかはいオタク、人口そこまで多くは無い。ひとりあたりの客単価だって、ピンからキリの差がデカい。単なる《趣味》と片付けるにはカネと時間を非常に使う、めちゃくちゃニッチな趣味なんだから。

 

そんなこんなで久々にブログを更新してみたクソオタク、今日はこれからいちお客としてTDCに入ります。初めてフツーに入り口をくぐって初めてフツーにロビーを歩くの今からめちゃくちゃ緊張しますが、ひとまず今日はバンギャになって、爆音の渦に飛び込んできます。

f:id:kanimisokun:20181104161321j:image

【追記】

実は本日2回目となるlynch.さんのライブがTDCであったんですけど、いやもうホントに最高でした。楽曲が良いのは勿論ですが、うっかり箱推しになっちゃうくらい、メンバーがめちゃくちゃ温かい……皆すっごくいい笑顔してて、ずっと楽しそうにライブ演ってて、なんかものっそ癒されました。

 

lynch.はいいぞ。

諦めることを選んだ話

どうもこんにちは、クソオタクです。

突然ですがこの度わたくし、推しを推してて3年目になるここで初めて金欠》という理由によって、推しの舞台のチケットを取るのを1公演分諦めました。

自分で決めたこととはいえど、正直すげーショックです……推しを推してた丸2年、今の今まで1度たりともそういう理由でチケット取るのを減らしたことなどなかっただけに……いやもうショック。自分に激しく自己嫌悪。

 

《諦める》決断。《諦めない》意地。これについてはグループ内でも一時期話題に上がってましたが、一体どちらがオタクにとって正解なのか?は【人それぞれ】としか言いようが無い気がします。とはいえ私も基本的には《諦めることを諦めきれない》クソオタクなので、現時点では1公演分チケット取るのを諦めましたが、多分しれっと当日になったらリピチケ買っているんじゃないかと思っています。きっと恐らくリピチケ特典出しそうですし、ハイタッチ会と称したチケット即売会とか開催しそうな予感が今からしますので……(長年の勘)

これから以降はクソなオタクの持論ですのでサクッとスルーを推奨しますが、個人的には《諦める》ことと《諦めない》こと。果たしてどちらが難しいか?と尋ねられたら、私はズバリ《諦める》ことが難しいです!と答えます。実際の話、今月頭の地方の現場も足代の支出で一瞬行くのを諦めようかと思いましたが(※これについては前エントリーの『遠征に行った話』をご参照ください)「……いやこれ自分の業績を上げれば、足代くらいは報奨金から出せるだろうよ……」というのに気付き、出来る限りの手段を尽くして遠征するのを《諦めなかった》くらいですから、どう足掻いても休みが取れない事情だったりチケットが取れない事情を除いて、個人の都合で《諦める》という選択を取るのは、クソオタク的には【無い】んですよね。だからどんなにスケジュール的にキツキツだったりする現場でも、自分の身体が空いているならそこに全てをブチ込むという。そういう姿勢で今までずっとやってきて、舞台の上に立ち上がる推しを観客席から観続けてきて、接触があれば推しにも毎回『次の舞台も行ける限りは全部行きます!』などと散々言ってきたのに、それが今回このていたらく!!諦めたくはなかったけれど、諦めざるを得なかった現実!!支払い期日が給与支給の1日前でさえなけりゃ、エントリーした1公演を取り消しなんかしなかった!!!!!

 

……と、クソなオタクがブログにうだうだ泣き言めいたぼやきを綴っていたところ、なんとも非常にタイミング良く、FC垢から次の舞台の案内が来ました。とりま給与はそこにがっつり当て込むことにし、クソなオタクは3都市分の足代&宿代確保に励みます……

 

それでは皆様、良い推し活を……

頭を使うエントリーの話

クソなオタクは困惑した。

まずは先日の現場のド直前、いきなりしれっと推しが舞台に出演するのがFC垢からツイートされた。しかもまさかの乙女ゲー。アンド尚且つ時代モノ。いつもだいたい告知の前には『新しい仕事が決まりました!情報解禁をお楽しみに!(*^_^*)』とツイートしていた推しだったのに、今回全くそれが無かった。まあでも舞台の現場があるのはオタク的にも喜ばしいし、舞台の上に立ち上がる推しを観客席から観られることが何よりも嬉しいクソオタクなので、ひとまず良しとしておいた。

……が、困惑したのはそれだけではない。舞台の告知がツイートされて、1週間ほど経ったある日の昼休憩中。出演舞台のオフィシャル垢から『速報!特典付きのオフィシャル先行エントリーが、本日18時よりスタートします!』と、まさに当日、それこそほんの数分前にいきなり告知が出されたのを知り、その先行が抽選なのか先着なのかを調べる為に慌ててサイトをチェックしてみたクソオタク。その内容のとんでもなさと説明文のわかりにくさに、思わずガチで絶句した。

 

【グッズ付きチケットは全公演別パターンのキャストブロマイドがつきます】←わかる

【こちらは特典付きオフィシャル先行で購入した方のみ、当該キャスト確約でのお渡しとなります】←ありがたい

【また、特典付きオフィシャル先行ではグッズ付きチケットのものとは別パターンのキャストブロマイドをチケット1枚につき1枚プレゼントします】←まあわかる

【なお、一次先行と二次先行ではキャストブロマイドのパターンがそれぞれ異なります】←???

 

まあ要するに、たとえば舞台が《全3公演》の場合だったらこうなる訳だ。

特典付きのオフィシャル一次で初日と楽日の《グッズ付きチケット》を購入する→初日verのブロマイドと楽日verのブロマイドが貰えるうえ、一次先行の特典ブロマイドが2枚貰える

特典付きのオフィシャル二次で中日の《グッズ付きチケット》を購入する→中日verのブロマイドが貰えるうえ、二次先行の特典ブロマイドが1枚貰える

③推しのブロマをフルコンプするには【全通】が必須

④しかも一次と二次とで【エントリーを分けて】チケットを当てる必要がある(※一次先行で全公演を押さえてしまうと、二次先行の特典ブロマが貰えない=推しのブロマのコンプが出来ない)

 

いやもうマジでわけわからん。

 

100歩譲って《キャスト指定でエントリーをすれば、それに付帯する特典ブロマも当該キャストで確約される》のはいいとする。が、先行分に付帯するブロマを一次と二次とでわざわざ分けて用意する意味が、正直言ってビタいちわからん。これもしうっかり一次が落ちたらヤバないですか?いや確実にコンプ狙っていくんだったら一次も二次も全通分でエントリーすりゃいいんでしょうけど、そんな博打は打てませんがな!!!だったら正直フラスタ用の資金に充てたい……

 

たかがブロマ。されどもブロマ。この1枚の印画紙の為にクソなオタクは悩みに悩んで、夜も眠れず昼寝ます。大神宮のご利益に、どうかあやかれますように!!

遠征に行った話(+推し自慢)

遠征代

足の費用は

チケ5倍

〜クソオタク、心の俳句

 

つい先日のことですが、推しが所属の劇団グループが初めて2都市でライブをしました。ライブといってもメインはほぼほぼ漫才&寸劇企画が占めているので、ステージの上で繰り広げられるイケメン達の暴走っぷりにゲラゲラ笑って2時間過ごし、自分のホームでのびのびしている推しの姿をにこにこと眺める、個人的にはラクな姿勢で頭を使わずただ楽しめた、久方振りのまったりとした現場でした。

しかし今回、2日に渡ってそれぞれ別の地方でライブを行うというのに加え、数日前には大型の台風がその一帯を直撃するかもしれないという予報が出ていたことにより、遠征代の支出にはかなり悩まされました。何しろライブの1週間後に推しの個イベもあるもんですから、そこへの投資を考慮した時、クソなオタクは正直一瞬『2日目のライブは諦めよう』かと考えました。……が、自分の仕事の業績を上げれば個イベの前にはそこそこの額の収入が入る!ということに気付き、死ぬ気で業績を上げてきた結果2日通して現場に入れた訳なんですが、上層部からは「その調子で10月も宜しくね!!」と言われてしまい、思わず遠くを見てしまいました。いやもう無理です勘弁してくれ。

まあでも死ぬ気で業績を上げたその結果、精神的にも肉体的にもクソなオタクのライフはゼロよ!の状態でしたが、不思議なことに《無理をした》とは1度も感じませんでした。なんだかんだで現場に入れば楽しいことしかありませんし、ステージの上でキャッキャしている推しを見るのはもちろんのこと、劇団メンバーがわちゃわちゃするのを見られることが醍醐味といっても過言ではない現場ですから、遠征にかかった諸々の費用や所要時間は、それで充分還元されているんですよね。むしろこっちがお釣りを出してもいいくらい、この2日間はホントにめちゃくちゃ楽しかった!!!最高の時間とそして笑いを有難う推し!!最前柵からちらっと見えたビールっ腹にはちょっと不安を覚えたけれど!!!女装姿が可愛かったので!差し引きゼロにいたします!!!!

いやもうマジで現場を干さずに弾丸を決めた自分自身を褒めてあげたい!!!《行ける限りは全部行く》のを宣言通りに遂行するのはぶっちゃけ確かに大変だけど、これを違わず遂行するのがクソなオタクの推し活道!!!間も無く告知がされるであろう某舞台にも行ける限りは全部行くので、クソなオタクは明日もせっせと資金を稼ぎに仕事をします!!!!

 

 

 

 

 

 

でもって最後に推しの自慢(?)を。

 

前エントリーで『いつも舞台を観に来るオタクに推しがきちんと気付いてくれた』ことについてを書きましたけれど、あれはどうやらクソなオタクの思い込みではなかったようです。それに至った詳細だったり経緯はいつか、機会があったらお話ししたいと思ってますが──周りの人にそれを言ったら「推しからそんなんされるパターン、初めて聞きましたwww」とおもくそ爆笑されましたので、良い思い出(?)として墓場に持っていくかもしれません。

でも、オタクがこうして舞台を観るのもライブに行くのも、全てもちろん《オタクの勝手》でやっていることなんですけども、推しは決して『当然』だとは思ってなかったようなんですよね。……そういう気持ちをきちんと態度で示してくれて、はっきりとした言葉は無くとも「いつもホントにありがとう!!」と、オタクに対して思ってくれてる。ファンサを抜きにこういうことが出来る人って、なかなか居ないと思うんですよ。推しのオタクがめちゃくちゃ少ない状態だったら別ですけれど、今じゃどんどんオタクが増えて、個イベのチケも両部それぞれ瞬殺になるほど、人気は出てきているというのに!!!!

 

推しの名前を明かせないのが正直めちゃくちゃしんどいですが、とりあえずこれだけ言わせてください。

私の推し、推し甲斐がある!!

 

(完)