人生、難あり

若俳推し活備忘録

愛を乞う人・リターンズ

遂にこの日が来てしまいました。

 

2ヶ月前に書いたブログで「推しは恐らく出演すると思います」と予想をしていた《とある舞台》の出演キャストがこの度とうとう発表されてしまったんですが、やっぱりというか案の定、推しの名前もその一覧にばっちり挙がっておりました。まあなんとなく「続編の方にも出るんだろうな」とは薄々思っていましたし、推し本人にもちらっとカマかけしてみたところ「アハハハハ!!」と真顔で爆笑されましたから、出演するのがわかった今は、正直割と穏やかでいます。穏やかじゃないのは未だに減らない接触にだけはきっちり真面目に通ってるくせに、舞台はちっとも観に来やしねえクソ茶……まあいいです。

 

ちなみに私はこの作品に悪感情は抱いていません。前回の舞台もなんだかんだでゲラゲラ笑って楽しめましたし、ステージの上で一生懸命歌って踊る推しを観るのも楽しかったです。出演キャストに担当が居る方の中には「あの舞台にだけは出て欲しくなかった!」と嘆かれる方もいらっしゃいますが、一部の演出をスルー出来れば物語自体はコメディですから、頭を使って観る必要が全く無いのでラクですよ。1度も観ずしてイヤイヤ言うのは勿体無いです、いやマジで。

しかし私も一部の演出、ファンが投じたポイントによって立ち位置の変わるあのランキングに関してだけは、心に闇を抱えます。 推しはかなりの頑張り屋さんで負けん気の強い性格ですが、だからといって難なくトップを勝ち獲れるような世界じゃないのは嫌というほどわかってますし、推しをトップに押し上げる為にはそれ相応の火力が必要になることだって、嫌というほどわかっています。有志の方が企画を立てて下さらなければ、トップどころか上位のランクを狙うことすらままなりません。出来ることなら今回の舞台は全公演で上位を飾っていただきたいなと願うのですが、恐らく誰もが自分の推しにはそうあって欲しい筈でしょうから……複雑ですよねこればっかりは。

ひとまず今は外部の仕事で大忙しの推しを静かに応援しつつ、推しにとっては仕事納め(?)にあたる舞台のチケットがどうかご用意されますように!と念じまくって、このあと控える推しの舞台を観に行くことを指折り数えて楽しみにしながら、年明けに向けてアップをしようと思います。前回は運良く公休と個休をフルに使って観に行けましたが、果たして今回どうなることやら。推しの勇姿を見届けられるチャンスがどうか、1公演でも多く巡ってこられますように!!!