人生、難あり

若俳推し活備忘録

今年の推し活を振り返る話

つい先日のことですが、今年最後の推し活をこの度無事に納めてきました。

 すげー久々に自分のホームで気心の知れたメンバー達とキャッキャしている推しを観られて眼福でしたし、素の状態の推しの作画がそりゃもうめちゃくちゃ最高すぎて思わずニコニコしちゃいましたし、稽古とリハのはしごで相当過密なスケジュールだったと思われるにもかかわらず、一生懸命ファンの皆を愉しませようと盛り上げていた推しには本当、感謝の言葉しかありません。

 

この1年、思い返せば色々なことがありました。絶対落ちない自信のあった若俳沼に自ら進んで飛び込みをキメ、右も左もよくわからないまま取れるチケットは取りまくり、自分の足で行ける現場があればひたすら通いに通い詰め、ついさっきまで舞台の上で芝居をしていた役者と並んで写真を撮ったり会話をしたりということが出来る非現実には目を回し、しかし気付けば今では立派なクソオタクとして、推しを毎月追いかけています。そして恐らく来年も、クソオタクなりに推しを毎月追いかけていると思われます。実際手元に来年早々上演される、とある舞台のチケットが既に◯枚ございますので……ハイ……

そういう訳で今回のブログは忘備録も兼ね、今年1年の推し活記録を記しておこうと思います。いつものように舞台ならびにイベの詳細はことごとく伏せてくスタイルですが、何卒ご理解、ご了承ください。

 

《1月》某舞台

ただ観る“だけ”なら充分愉しい作品ですが、自分の推しが出ている以上、それ“だけ”で済む筈も無く。推し推し出すスタートダッシュが遅かったことが、今振り返るとくそくそ悔しい次第です。勿論来年、リベンジは果たすつもりでおりますが!!

《2月》アイドルな推しの円盤リリイベ(撮影会)

たまたま仕事が休みで行けたラッキーな現場。この現場から『次は◯◯を観に行きますので』と推しに毎回報告をするクソオタクと化しました。

《3月》某舞台円盤のリリイベ/所属劇団の本公演

ブログで散々語りまくってる例の舞台の円盤リリイベ。推しの滑り芸が炸裂。そしてこの場で舞台キャストのライブを演るのが告知となった訳なんですが、このコンテンツもこれでとうとう“最後”になるのか……と思った瞬間、会場の出口でうっかり号泣してしまったという、切ない思い出。また、この現場では久々に会ったフォロワー様に、アイドルな推しの円盤を大量に配り歩くマンと化しました。

所属劇団の本公演については、前エントリーにて散々語っているので割愛。特典会のチェキ撮影では、推しに全力で変顔をしていただくという暴挙に出ました。

《4月》某舞台/劇団メンバーの自主企画バーイベ/アイドルな推し春フェス(&舞台)/アイドルな推しの握手会&撮影会&ミニライブ

原作は某ケータイ小説。残念ながら円盤化にはなりませんでした。アクションシーンが良かっただけに、今尚それが悔やまれます。

なおこの月は毎週のように現場に入っていたこともあって、推しにはぼんやり私の顔を覚えられつつあったようです。多分。

《5月》某舞台

こちらも既に散々ブログで語り散らした舞台になるので割愛します。

《6月》所属劇団の本公演

なんとか初日と楽日に入れたギリギリラッキーな現場。千穐楽の前日の日に某舞台ライブの上演日程が漸く決まり、特典会にて推しから直接「観に来てください」とダイマをされるサプライズが。そしてその後、当該舞台で推しが着ていた舞台衣装と小物と靴の購入権利がうっかり当たってしまったという……ちなみに靴は玄関の隅に飾って(?)あります。ありがたや。

《7月》所属劇団の本公演

前エントリーでも触れていますが、当該舞台の“チケット販売企画”の内容があまりに酷すぎた為、この作品は微妙にトラウマと化してます。物語自体はメタ脚本が観ていて辛いというのを除けば、キャラ設定のぶっ飛び具合や客演の方のフリーダムっぷりが、そりゃもうめちゃくちゃ面白かったんですが!!!

そしてここから『どう足掻いても自分で観には行けない舞台は、友達に頼んで自分の代わりに観に行ってもらうしかない』ことを悟ったクソオタク、推しの舞台をやたらめったらご招待するマンへと変貌。

《8月》所属劇団のバックステージトークイベント

アイドルな推しの現場全てがことごとく仕事で行けないことを嘆いていたら、9月の公演に向けての上記イベントが発表となり、FC内での抽選に運良く当たって参加が叶った、ラッキーな現場。推しの滑り芸がまたもや炸裂。

《9月》所属劇団の本公演/某舞台の円盤リリースイベント

この本公演の千穐楽で、推し活を始めてちょうどぴったり1年目でした。楽日のカテコで舞台上から劇団メンバーが投げ入れた小物が私の首にヒットしてしまい、流れで推しとコーレスをし合ったことは良い思い出。

また、リリイベにおいては共演者様から完膚なきまでいじり倒され、目を丸くして大慌てする推しの姿に腹を抱えて大笑いさせていただきました。頑張れ推し

《10月》某舞台のチケット即売会(握手権付き)/某舞台

即売会の発表が出たのが開催日時の1週間前という鬼畜ミッションにもかかわらず、推しと握手をしたいが為に追いチケ(※友人へのプレゼント分)をかまして向かってみたら、周回をキメるガッツなオタクが自分を含めて片手の数しかいなかったという、悲しい思い出。その為嫌でも順番がすぐに回って来、推しには「……暖かいですよね……」としんみり言われ、共演者様にはお金の心配をされました。泣きたい。

舞台については前エントリーで散々語り尽くしたので割愛。

《11月》某番組の公開収録&即売会(ハイタッチ権付き)/某舞台ライブ

公開収録の登壇者リストに推しの名前は無かったんですが、多分恐らく出るだろうなと思って休みをガッツリ申請したら、まあ案の定、しれっと後出しされました。ハイタ会では推しに対して不審者っぷりをいかんなく発揮。クソオタク失格。

また、某舞台ライブの為に初めて地方への遠征をキメたクソオタク、方向音痴が度を過ぎた為に駅から向かって徒歩10分の会場へ行くのに1時間以上の時間を要し、最終的にはタクシーを使う。帰りも同様。

《12月》某舞台ライブ/所属劇団のクリスマスライブ

某舞台ライブについては散々語ってしまっているので割愛します。

クリスマスライブは推しを含めて劇団メンバーのはっちゃけっぷりに爆笑し、お見送りでは奇行種と化した。クソなオタクですら無い有様。

 

以上、今年1年の推し活ダイジェストでした。

 

ちなみに上記のクリスマスイベに行った翌日、渋谷でやってたとある企画(?)に参加をキメてきたんですけど、ゴーグルを着けると目の前すぐに現れた推しは、シャンパンサーブがめちゃくちゃサマになっていました。いやもうホントに推し最高。

また、即興で推しが歌ってくれた(という設定の)ラブソングが所属劇団の舞台で使った劇中曲の歌詞だけ変えたものだったので、その歌が使われていたシーンのことをふと思い出し、深読みし過ぎて視聴ブースを出た後暫く凹んでしまったことが悔やまれます。そういうつもりはないんでしょうけど!時間があったらあともう1回は、観に行こうかと思いますけど!

そんなこんなで来年もまた、推しの出ている舞台にせこせこ通っては、推しに向かってぺこぺこ頭を下げてることかと思います。ただ来年は外部の舞台が多めになるかと思われますので、今年のように面と向かって言葉をかける機会は、めちゃくちゃ少なくなるだろうなと。もっとも元々板の上に立つ、現実ではない時間と空間軸に生きてる推しを追ってるクソオタクですから、多少の会話を交わせただけでも充分有り難すぎますし、私が推しを1年かけて推し続けてきた原動力になったといっても過言ではない、あの役を推しが大事に演じてくださったことについての感謝の言葉を本人に直接伝えることが出来ただけでも、個人的には大満足です。

唯一不満を挙げるとしたら、アイドルな推しの現場がことごとく土曜の開催ばっかりなことくらいですかね。……まあターゲットが中高生と若年層に絞られてますからしかたないっちゃしかたないですが、そっちの方も精力的に追いかけたいのでご検討宜しくお願いしますよ運営様ーーーー!!!