人生、難あり

若俳推し活備忘録

1日バンギャに出戻った話

つい先日のことですが、若俳オタクとバンギャを兼ねてる友人からのお誘いを受け、lynch.さんの13周年ワンマンライブ@幕張メッセに行ってきました。

今回はおもくそカテゴリ違いの内容ですが、どうか何卒、ご容赦ください。

(※なお、lynch.さんならびにこの日のワンマンライブについてはこちらの記事をご参照ください→https://www.barks.jp/news/?id=1000152763#utm_source=tw_BARKS_NEWS&utm_medium=social&utm_campaign=tw_auto

ちなみに上記の友人ですが、お互い推してる役者同士がちょいちょい舞台で共演している縁があり、そこから一気に仲良くさせていただいていて──ここ1年は割とちょくちょく、互いの推しの舞台やライブに誘い誘われをよくし合います。しかし所謂《ミュージシャン》のライブの誘いは初めてで、更に私がそういうライブに参戦するのも十数年振りということで、正直言うと前日まではめっちゃ不安で「やべえ!!着て行く服が無え!!」「タオル持ってけって言われてるけど、マフラータオルが推しの劇団のタオルと某舞台のタオルしか無え!!」と、無駄にギャンギャン大騒ぎをしていたんですけど……

 

いやもうぶっちゃけ最高でした!!根性が無くて後方エリアのシッティングシートを選んだ自分をブン殴りたいくらいに最高でした!!

 

実はめちゃくちゃ申し訳ないことに、lynch.さんの楽曲ならびにバックボーンを履修してない《無》の状態でワンマンライブに臨んでしまい(※このワンマンが色んな意味で《特別》なものであるというのは、事前に聞いてはいましたが……)周りがめっちゃ盛り上がってる中でひとり真面目に演奏を聴いてる地蔵となっていましたオタク、さながらライビュを鑑賞している状態でした。ですが頭を真っさらにして、なかなか滅多に聴く機会が無い音に集中・没頭が出来たあの数時間は、非常に贅沢なものでした。あと、個人的にはリズム隊のプレイングに釘付けでした。5弦ベース最高過ぎる……!!!

しかしlynch.さん、どの曲もホントに最高でした。初めて聴くのにどれも全く抵抗が無く、むしろすんなり馴染めたというか。中でも1番印象に残った曲はとにかくも1度聴きたいあまり「あの……真っ赤なレーザービームがホールをビャーー!って照らしてた曲……さよならがどうとかいう歌詞の……あれどうしても聴きたいんですけど……タイトル何ていうんでしようかね……?」と帰りの道で友人に尋ね、タイトルを教えてもらって速攻、レコチョクで探して購入しました。ちなみにKALEIDっていう曲なんですけど、ディレイがガンガンに効いてる曲が個人的には大好きなので!!!もしも興味が湧いたら是非とも!!!KALEIDを聴いてみて下さい!!!(ダイマ)

 

でもってここから超個人的な感想を。

lynch.さん、ぱっと見めっちゃ強面というか硬派な感じの方々なのでちょっと最初は構えてしまっていたんですけど、実際はめっちゃお茶目(?)なお兄さん方でした。そしてめちゃくちゃ良い人というか、ステージ上からかける言葉が温かい……特にVoの葉月さんが何度も何度も「皆さんの力を貸して下さい!」と呼びかける姿や「この景色をずっと夢見ていました。でもこれ、現実です!皆のお陰です!ありがとう!」と言って嬉しそうに笑いながらも「ステージが遠くて寂しい?俺も寂しいです!……でも、もっと高みに連れていくから!楽しみに待ってて!」と叫ぶ姿を見ていたら、思わず自然と目頭が熱くなりました。ワンマン当日を迎える数日前のこと、葉月さんが「僕は3/11の当日まで、幕張に来て欲しいと叫び続けます。その姿が無様だろうと、あともう少しで満員なんだから!みんなも!力を!貸してください!」とツイートをして、そして実際ホントに毎日「あともうちょっとでソールドアウト!」「残席僅かの表示になってる!」とツイートするのを見ていましたし、そして私の友人達も「前回の野音はギリギリになって埋まった状態でしたから、幕張は絶対完売させたいんですよ。5人揃ったlynch.のライブを、多くの人に観てもらいたいんですよ!」と、このワンマンに並々ならぬ想いをかけていたのを知ってるだけに……

 

こんなこと言うのも何なんですが、周年ワンマンという非常に貴重な──そして何よりlynch.さんが5人揃った本来の姿でステージの上に戻ってくれた、大切な日であるワンマンライブに立ち合うという機会をくれた友人に、私はめちゃくちゃ感謝してます。きっとこういう機会が無ければ私は一生、lynch.さんという素敵なバンドがこの世に存在していることも、KALEIDという綺麗な曲がこの世に存在していることも、恐らく知らずにいたんだろうと思うので。そもそも幕張メッセに行くこと自体、前職の絡み(※AOUとかホビショとか)で行ったことしかないもんですから、あのコンクリートが打ちっ放しになってるだけの殺風景なフロアがデッカいハコと化すのを体感出来たその上に、最高のライブを観られる貴重な体験も出来て、ホントに良かったと思います。語彙力の乏しいクソなオタクの書いてるブログじゃあのワンマンの良さは到底伝わらないかと思われますが、とにかく色々考えさせられ、そして大いに感動させられ、来月に出る新譜は絶対買って聴こう!と決意してしまった私がいるので、もしも興味が湧いたら是非とも、lynch.さんのライブに足を運んでみてください(ダイマ)

 

以上、若俳オタクが1日バンギャに出戻った話でした。