人生、難あり

若俳推し活備忘録

愛を乞う人・プレミアム

遂にこの日が来てしまいました。

 

7月になったら何らかの告知が出るんだろうなと思っていたら、案の定。

f:id:kanimisokun:20180720225346j:image

若俳オタクにとってはある意味収集令状に等しくもあるホ◯モバからのこのメール。が、出演キャストの発表があるのは9月の上旬頃になるので(※ちなみに去年は9/5に発表された)今はまだまだ穏やかな気持ちでいられます。とはいえやはり『推しがどうにか出ませんように』といった意見が大半を占めるこの舞台。中には今回自推しが出たら担降りをする!と呟く方もいたりして、思わずモニタの向こう側から胸中お察し致します……と、声をかけたくなる時もあります。何しろ舞台を観に行く前からメンタルはかなり疲弊しますし、場合によっては財布が先にやられます(※個人差はあります)ひとたび推しが出るとなったらクソなオタクもそりゃまあ当然多ステの限りを尽くしますけど、タイトルの一部に《プレミアム》を銘打つ以上はそれ相応のプレミアムっぷりを観せて欲しいとは思います。例えば舞台を観に行く度に何故か増え行く【例のセット】についてるラブが、いつもの3倍ついているとか!!さすがに無理か!!ハイ終了!!!

まあでも出来れば1回くらい、あのランキングに病むこともなく(※個人差はあります)企画日被りに胃痛を催すこともなく(※個人差はあります)フツーに舞台を観に行って、フツーにゲラゲラ笑いたいです。しかし恐らく一般的なこのフツー、推しが出てたら絶対無理です。推しにトップを獲って欲しいと願うオタクの心情的にも無理ですが、個人的にはそれよりも、上位に入れず微妙な顔で俯いている推しの姿を観たくない。後方に下がってダンスをしている推しの姿を必死に追って、推しの名前を掲げたうちわを振りまくるのも正直辛い。推しには正直『出て欲しい』とは言えないけれど『出るなら出るでいいんじゃないか』と考えているクソオタク。今はただただ来月始まる推しの舞台を愉しみにして、もしもの時に備えて覚悟は決めておこうかと思います……

 

しかし推し、ほんっっっとにbioを更新しねーな!!!!!!!