人生、難あり

若俳推し活備忘録

とある舞台をダイマする話

いつも毎回舞台を観る度思うんですけど、千穐楽が近付いてくると、手持ちのチケットが無くなるスピード……やたらと早く感じませんか?(唐突)

 

どうもこんにちは、クソオタクです。先日推しの出ていた舞台がとうとう大千穐楽を迎え、現在軽くロスっています。

朝目が覚めてもチケホルの中に入っているのはもぎられ済みの半券のみだし、公式垢から当日券の案内ツイは流れて来ない。電池が切れたキンブレは鞄の中に突っ込んだままだし、舞台仲間のグループLINEに「おはようございます!今日は何時に劇場に居ますか?」「私は仕事が終わった後に向かうので、多分6時半頃になるかと」という、トークが流れることも無い。電車に乗っても浜松町では降りないし、環状線に乗り換えもしない。仕事に行っても「今日頑張れば!!明日は休み!!今日頑張れば!!明日は舞台!!」と発破をかけることも無いので、なんとなくぼやっと1日が終わる。思えばこういう寂寥感を覚えるの、去年の末にファイナルを迎えた某コンテンツ以来です。

そもそも今回ロスってるのも、大楽のカテコで座長の口から次作の発表が無かったことが大きいんですよね。オタク的にはきっと恐らく次もあるとは思ってますが、それがいつかはわかりませんし、ただなんとなく思ってるだけの希望観測に過ぎませんから、確証だってありゃしません。更にその上、この《次》がまた上演される決定権がセールス的なところにあるとの匂わせもあったもんだから、クソなオタクは結構真面目に悩んでいます。推しの名前はもちろんのこと、観に行った舞台の作品名も徹底的に伏せまくるというこのスタイルを今回ばかりはとっぱらい、舞台のダイマをするべきなのかを。

……何故かというと、実は今月29日に当該舞台の最速配信があるんです。円盤が出るのは来年1月中旬ですが、それより前にこうしてわざわざ配信をするということは、多少なりともマーケティングの要素があるんじゃないかなと。だったらやっぱりダイマをするしかないじゃないですか。もしかしたらばひとりくらいは「そこまで言うなら観てみようかな」と!思ってくださるかもしれないし!!!もしかしたらばそのどなたかがこの配信を見たことで!!!次作に繋がる!!布石になるかも!!しれないし!!

 

という訳で、今回だけは作品名を公表します。

はいドーーーン!!!

f:id:kanimisokun:20180920231321j:image

(※公表すると言いつつも、エゴサ回避でニコ生予約リストのスクショを用いています。ご了承下さい)

そうですコレです、こちらです。つい先日までクソなオタクが観に行っていたのがこちらです。ちなみに9/29(土)の18:30から放送するのは去年のもの(前作の舞台)で、21:00から放送するのが今年のものになってます。なお今作はコメディ多めの内容なので初見の方でも難無く楽しく見られるだろうと思いますが、前作舞台の話の一部を踏まえた場面もあったりするので、前作今作通して見るのが超おススメです。

(※たとえて言うなら『ホストちゃんREBORN』を見てから『大阪絶唱ミナミ編』を見ると、話の筋がわかりやすいじゃないですか。個人的にはあれに近いと思います)

でもってこちら、出演キャストのほぼ全員が頭や尻から色々生やしておりますがそこは全然気にする必要ありません。もちろんそれぞれが演じるキャラには属性の設定がありますが、話の筋には正直あんまり関係が無いです。原作アプリの版権元が◯◯◯◯なので、そういう仕様になってるだけです(雑過ぎる説明)ただ、キャラ設定は当然ながら話の筋に若干(?)関係してきますので、キャラ名ではなく演者さん方の名前の方で、ざっくり簡素にお伝えします。

 

【前作&今作の出演キャスト】

・Y原さん→vo&gt。実家が酪農家。

・G本さん→dr。本業(?)はリーマン。

・T越さん→ba。フリーター。

・T馬さん→gt。引きこもりニート

・K苅さん→vo&gt。No. 1アイドル。

・K原さん→dr。双子の兄。

・Yたろうさん/U佐さん(※新作のみU佐さんがダブルキャストで参加)→ba。双子の弟

・T中さん→バイオリン。超おぼっちゃま。

・T川さん→dr。超金持ち。そして超筋肉。

・I垣さん→ba。超金持ち。そして超小悪魔。

・I川さん→p&vo。元金持ち。現在貧乏。

 

【前作のみの出演キャスト】

・K様→g&vo。ワケありの黒幕。

・Y岡さん→ba。心の優しい青年。実は牛。

・別verのK苅さん→vo&gt。対応が塩。

・別verのG本さん→dr。色々あった。

 

【今作のみの出演キャスト】

・K人さん→vo&g。カニカマ(自称カニ

・H山さん→vo&ba。フクロウ(自称キツネ)

・Y村さん→dr。シャチ。芸達者な苦労人。

(※ホントにざっくりな説明すぎてアレですが、細部の設定が気になった方は◯ィキペ◯ィア等を見ていただけましたら、クソなオタクは有り難いです)

 

いやもうとにかく1度でもいいのでこの作品を観ていただきたい。正直言えば配信ではなく、リアルな現場で観ていただきたかった。公演が終わった今となってはそれを言っても無理なんだけれど、もしまたいつか上演される時があったら、気軽に足を運んで欲しい。なんてったって出演キャストがとにかく真面目にふざけてるのが、ちゃんと立派なエンタメになってる。どれだけめちゃくちゃ大暴れしてても、きちんと芝居に落とし込んでる。だけど話はコメディながらも実はなにげに少年漫画の王道的なアツさがあって、色々刺さるものがある。それは芝居の中だけではなく芝居の外でも感じられるもので、キャストの方にはもちろんのこと、舞台を観に来るオタクにもそれが伝播するからきっと恐らく、あの盛り上がりがあるのだと思う。そういったノリが苦手でないなら、ホントに1度は見ていただきたい。原作アプリを未履修であっても、アニメを全く見ていなくても、とにかくやたらと面白いのは、ホントのホントに間違いないので。

 

……というわけで、クソなオタクが今回ばかりは必死(?)になってダイマをしている《Live musical SHW BY R◯CK》シリーズですが、つい先日まで上演していたこの最新作、1週間後の9/29(土)にニコ生放送で最速ディレイ配信(21:00〜)されます。しかもめちゃくちゃ親切なことに前作舞台の配信(18:30〜)までも一緒にやってくれますので、初見の方でも大丈夫です。なおこの配信では大千穐楽の公演映像が流されるっぽいようですが、来年の1月16日に発売される円盤の方では東京楽のスペシャルカテコや日替わりアフイベが多分ばっちり収録されてると思うので、そちらも宜しくお願いします(※さりげない宣伝)

 

それでは皆様、よい推し活を。