人生、難あり

若俳推し活備忘録

今年の推し活を振り返る話〜2018

気付けば今年もまもなく終わろうとしてますが、皆様無事に現場納めは出来ましたでしょうか。

ちなみに私はまだ残ってます。どうもこんにちは、クソオタクです。

 

いやもう今年もあっちゅー間でした。そういや去年のちょうど今頃、私が推しを推そうと思ったきっかけになった作品の終わりを見届けた直後、推しにとっての大きな仕事が突如いきなり発表されて大騒ぎしたのを覚えています。そしてあれから365日の月日が流れていった訳ですが、まさか今年はFC垢から《年末の現場で重大発表&ご報告があります》という報せを受けて大騒ぎする羽目になるとは思いませんでした。多分恐らくおふざけなものではないんだろうとは思ってますが、オタクの財布をあてにしているおかしな企画(※過去エントリー『推し活の覚悟を試された話』参照)の発表だったら、ここで再び恨みつらみの愚痴エントリーを投稿するかもしれません。年末の現場の集客アップを狙ったアレで言ってるだけならまだいいけれど(いやよくない)そろそろマジで勘弁してくれ某事務所……

 

という訳で、ひとまずしれっと記していきます。

《1月》某役者さんの新年イベ(ゲスト)/悪名高い例の舞台(東京)

思えばゲストに呼ばれたことが初めての推し。相当緊張している様子で観客席をやたらとキョロキョロしまくっていたが、クイズゲームでオタクの顔見て答え合せを伺ってきたのはめっちゃ笑った。

そしてそれから数日後、悪名高い例の舞台に立ち上がった推し。これについては過去エントリーで記しているので割愛。

 

《2月》悪名高い例の舞台(広島&大阪)

推しの勇姿を見届ける為に個人休暇の申請を通して遠征を果たす。これについても過去エントリーで記しているので割愛。当時はホントに物理的にも精神的にもかなり疲弊をしまくったけれど、あの戦いを生き抜いたことは推し活における自分の自信に繋がったので良しとする。

 

《3月》所属劇団のライブ(東京)

久々にホームで伸び伸びとしている推しが見られてホッとした。そして2018年度の本公演の告知&夏のライブの告知が入る。

 

《4月》外部の舞台(東京)

推しにとっては大きな仕事にあたった舞台。ここで一気に推しのオタクが激増し、推しの演じた役を推してるフォロワーさんとの交流が5年振りに再開。それにかこつけて推し出演作の舞台円盤を大量に送りつける。

 

《5月》某作品の円盤リリイベ(推し不在)/外部の舞台(大阪&東京凱旋)/所属劇団の本公演(東京)

リリイベと外部の舞台については過去エントリーで記しているので割愛。そして久々に観た所属劇団の本公演はサスペンス風味のヒューマンドラマが繰り広げられる会話劇で、劇団メンバーのシリアスな芝居に思わず息を飲み込んでしまう、なかなか重厚な作品だった。なお、推しの出番は約5分でした。

 

《6月》初のバーイベ(東京)/某舞台のライブフェス(東京)

過去エントリーで記しているので割愛。ライブフェスでは久々にバンギャと化した。

 

《7月》所属劇団のライブ(東京)/GRIEF7(友人からのご招待観劇)/某役者さんのバーイベ(ゲスト)

役者の推しを一切見てない現場が続いた珍しい月。遂に初めて『モチベが下がる』という実感を得る。

 

《8月》某役者さんの単独トークライブ(軽率に参加)

初めてのノー現場。あまりにもヒマで困っていたら他担の友人が誘ってくれた。やたらと顔の綺麗な男が繰り出すトークに爆笑しながらカレーを食ってた、夏の夜。

 

《9月》Live musical SH○W BY R○CK!!〜狂騒のbloddy labyrinth〜(東京&大阪)

過去エントリーで上記舞台のダイマをしたので今更伏せてもしょうがないかと。過去エントリーでもちらっと記しているように、推しの演じた役柄についた演出についてで地味に色々悩みながらも現場に通った2週間。正直言うとそういう部分で悩む自分に自分が1番驚いた。

 

《10月》所属劇団のライブ(名古屋&大阪)/個人イベ(東京)

9月末からやたらめったら発生していた台風の進路に怯えつつ、それでも何とか1泊2日の遠征を果たす。久々に推しが座長を務める本公演の告知が入ってクソなオタクは大歓喜。そして1週間後の個人イベでは大量に湧いた推しのりあこの秋波にやられて、チベスナ顔でスライドを眺めた……。

 

《11月》アイドルグループ(?)のFCイベ(東京)/某役者さんのライブイベ(ゲスト)

8月に続いて11月もノー現場かと思っていたら推しが属するアイドルグループ(?)のFCサイトがいきなり今年で運営終了するとの旨を発表し、それに伴い最初で最後のFC会員限定イベの開催が決まる。が、何故かメンバーは全員揃わず(一部のメンバーは舞台の仕事が入っていた模様)身体の空いてるメンバーのみがイベント参加・他メンバーは画質の悪いビデオレターでの参加。私は幸い推しが参加をしてくれたけれど、都合が合わずに参加の出来ない他メンバーを推してた方の胸中を思うと……。

そして前述のイベント直後、いきなり決まる某役者さんのライブイベへのゲスト出演。しかもFC垢からそれがツイートされた時には既にチケットが完売していたというオチ(※本公演のチケ発ですらいつもそう)がつき、必死になって毎日毎晩チケット譲渡を探しまくったクソオタク、運良く何とか入れて安堵。

 

《12月》外部の舞台(東京)/某大型フェス(東京)/某役者さんのクリスマスイベ(ゲスト)/所属劇団の年越しライブ(東京)

外部の舞台についてのことは前エントリーで記した通り。舞台の内容は勿論のこと、出演キャストの皆様方がほんっっっとにめちゃくちゃ最高過ぎて、今でも正直『もっと評価をされるべき……』と思ってる。トレ系グッズで推しのレートが高騰し過ぎて回収するのに疲弊した。

ちなみにこのあと大型フェスと某役者さんのクリスマスイベ、所属劇団の年越しライブもあるんだけども、ブログのネタのストックとしてまた後日。

 

《個人的な雑感》

去年に比べて舞台の現場が少なかったのが正直残念。今年に入ってオタクが一気に増えたというのも理由になるかもしれないけれど、事務所サイドがライブや個イベ、ゲスト参加のイベントなどの《気軽に推しを見られるイベ》をがんがん増やしていっているのが個イベやらせてライブ出しときゃ、舞台に出すよりオタクは足を運ぶだろ!みたいな感に思えてしまってなんだかなあ……と考えてしまう。ただしその分1舞台あたりの観劇回数が倍増したのと例の舞台でやたらと色々張り切った為(お察しください)下手すりゃ支出は今年の方が多くなってる。

ちなみに接触の現場も去年に比べて半分に減った。単に去年がやたらと多かっただけだと思うが(例:握手権付き即売会の開催・円盤の積みイベ)ハイタッチ会だのお見送りだの、舞台を観に行くついでにやるのが逆に今年は多かった。

果たして来年、推しごとペースはどうなるのだろう。相も変わらず『行ける限りは絶対に行く』とチケット握って奔走してるか。それとも突然オタクを辞めて、社畜の日々を送っているか。出来ることなら来年は推しが舞台に立ち上がってるのを毎月必ず観に行けて、時々たま〜に素の状態の推しを見れたら有難いので、ひとまず今ある舞台のチケがもぎ取られ尽くすその前に、役者の推しの仕事の報せが入ってくるのを切に願う。

 

それでは皆様、良い推し活を。