人生、難あり

若俳推し活備忘録

推しごと始めをした話

気付けば2月が始まってました。

どうもこんにちは、クソオタクです。

 

前エントリーで「1月中はノー現場なのでブログをちょこちょこ更新しようと思っています」と宣言したのにこのザマです。現場が無いとブログのネタが思い付かないクソオタク、そういう訳で今回のブログは今年最初の推しごと始めについての話(=推しの舞台を観に行った話)をお送りします。いつものように作品名や推しの名前は伏せまくりつつしかしとっくにバレてるだろうというのは承知で雑感をひたすら連ねるだけの内容ですが、ヒマ潰しにでも見ていただけたなら、クソなオタクはありがたいです。

 

そんなこんなで2月某日。1ヶ月近くのノー現場を経て推しの舞台を観劇に行ったクソオタク。役者の推しを観に行くことが1ヶ月半振り(※推しと一緒に写真を撮るのは4ヶ月振り)というのもあって、前日の夜は緊張のあまりしょっちゅうしょっちゅう目が覚める。当日の朝も緊張のあまりやたらと早く起きてしまう。そしてまんまと開場時間の相当前に現地に到着してしまい、時間潰しにサ店でも入るか……と辺りをうろうろしまくっていたら道に迷ってしまったという、なんともマヌケな私的初日を迎える始末。しかし早めに向かったお陰で劇場のテラス(?)で客演の方とキャッキャしている推しの姿を見られたことは、ラッキーだったと思っています。楽屋がああいう状態だから色んな意味で不便だろうな……特に喫煙者は……

 

ちなみに今年の《推しごと始め》となった舞台は、推しの属する小劇団の本公演で唯一シリーズ化がされている作品の《1年半振りの新作》になります。前作からは間隔がかなり開いたので正直次はもう無いのかな……と思った矢先、公演が決まった告知が出、それに加えて初の地方を含めた公演になるのと推しが座長を務めることもこの時同時に発表がされて、そういう意味でも今回の舞台が自分にとっての推しごと始めになるのがめちゃくちゃ楽しみでした。しかも今回大神宮のご利益を受けて、最前列での観劇率が98%という状態。更にはなんと巷で流行りの撮影タイムがカテコに限り設けられるという話もあり、ビビるレベルの高待遇にクソなオタクは「このあと控える外部の舞台のチケット運、今回の舞台で使い果たした気しかしねえ……」と青ざめながら、私的初日を終えてきました。

 

でもってここからクソなオタクのひとり語りが始まりますが、今回の舞台も推しがとにかく最高でした。わかはいオタクは推しに対してとにかくやたらと「推し最高……」を連呼しますが、控えめにいっても「最高」としか言いようがないから仕方がない。なお今作における推しの最高ポイントですが、自身の役の設定を実年齢より上の年齢であるかのように演技や声音や表情でしっかり見せてきた(※個人の意見です)ところがマッッッジで最高でした。何故かというと推しが今までオリジナル舞台で演じた役は年齢がいまいちはっきりしてない設定のものがほとんどで、そのため正直推しの芝居は良くも悪くも《等身大》の印象が強くついてたんです。──ですが今回、舞台の上でそれが見事に覆されて、クソなオタクは驚きました。キャラは全然濃くないし、役柄的にも立ち位置は地味だし、正直言えば華も無い。多分恐らく座組の中ではダントツ1位の平々凡々キャラなんですが、だからこそ余計に際立つんですよ。役柄相応の立ち振る舞いや言葉遣いを徹底している、そういう《芝居》をしていることが。

もうね、ホントに凄かった。今までずっと観てきた中で、オリジナル舞台に出ている推しの役者のスキルを「凄え……」と感じたことはそういや今回、初めてかもしれない。2.5次元舞台と違い、役についてるイメージだったり特徴などが舞台を観るまでまったくわからんオリジナル舞台で、ここまで役を創造してきた推しはマッッッジで凄いと思う。そして同時に推しがブログで語っていた「コメディ舞台の難しいところは、真剣に芝居に向き合う作業が少し蔑ろになってしまうところ。『面白い』と『おふざけ』が紙一重だから」という言葉、それから「外部の舞台の仕事で得てきたものを今回の舞台で還元したい」「座長という重み、責任感、役割。そういうものに今まで以上に向き合おうと思っている」という言葉。これらをしっかり自分の芝居で示してくれて、マッッッジで凄い。

 

いやもうホントに推し最高。あまりに推しが最高過ぎて最高なので、私が推しを推そうと思った3年前の某2.5次元ミュージカル舞台に出ていた推ししか知らない当該ジャンルのクラスタ勢は、いっぺん推しを観に来て欲しい!!あの頃の推しからめちゃくちゃ成長していることに驚いて欲しい!!!……と、私的初日を観終えた日からクソなオタクは毎日毎晩TLで訴えています。舞台のネタに絡めて言えば芝居を観て来た感想だったり自分の推しの素晴らしさについてを同担とひたすら語り合いたいとも思います。しかしめちゃくちゃ壊滅的にアウトプットがヘタクソ過ぎるクソオタク。私的初日を観終えたあとで連番している同担さんのご厚意により、その同担さんが舞台に誘ってくださっていたフォロワーさんと一緒にお茶などしばいたんですけど、舞台めちゃくちゃ面白かったです!推しさんめちゃくちゃ良かったです!とフォロワーさんが大絶賛をしてくださっているその目の前で、クソなオタクはペコペコ頭を下げながら「あっ……ありがとうございます……推し最高ですよね……良かったら追いチケかましてください……あともしよければ推しと一緒にチェキとか撮っていただけましたら、ありがたいです……」としか言えない体たらく。なんつーかもう、推しのプレゼンがヘタクソ過ぎる。ヘタクソが過ぎてこれを打ってる当日が既に舞台の楽日(※ただし東京公演)を迎えているという状態。──もし万が一このブログを見て「なんか色々面白そうだから、1回くらいは観に行こうかな」と思った方がうっかりいらっしゃったりしていたら、心の底から謝りたい。が、このあと翌週は大阪で、その翌週は福岡の地で舞台が上演されるので、もしもうっかりその近辺にお住まいの方で「なんか色々(以下略)」と思われましたら、なにかのついでにフラッと気軽に観に来ていただけましたらめちゃくちゃ嬉しいです。推しの名前も劇団名も一切明らかにしていませんが、クソなオタクが応援してきて3年目になる推しはマッッッジで最高過ぎて最高ですので。

 

ひとまずヒント(?)になるかどうかはわかりませんが、当該舞台のカテコ限定撮影タイムで撮った写真をここにちらっと貼っておきます。しかし意外と最前に居てもカメラ越しだと小さくなっちゃうもんですね。私のiPhone6s、どうか福岡大楽まではもってくれ!!!!!

f:id:kanimisokun:20190210125900j:image

 

それでは皆様、良い推し活を。