人生、難あり

若俳推し活備忘録

推しごとエレジー

どうもこんにちは、クソオタクです。

 

推し役者さんが大きな舞台に出演している真っ最中でも精力的にライブや舞台やお渡し会の情報告知をばんばんツイートしまくってくるので「推しの仕事のスケジュール、今年の秋までほぼ埋まってます……」と、困惑しつつも喜んでいる他担の友人を羨んでしまう今日この頃。なお、こちらの推しは5月以降の現場は決定したものの、8月以降は未定です。とはいえそれでも去年の現場は舞台に出たので6作品、ライブが5本に個イベが2本、ゲストで呼ばれたイベントが4本、でもって無銭(?)のイベントが3本……なんだかんだで8月以降は一気に現場が増えましたから、案外今年もそんな感じになるような気がしないでもない。実際どうかはわかりませんが。

 

そんなこんなで今月も気付けばあと10日ほどで終わりを迎え、それと同時に長期の大型連休&外部の舞台の現場がいよいよ始まるのですが、クソなオタクは行ける限りの全日程のそのうち3つ、でき得る限りの手を尽くしてもチケットのご用意がされませんでした。全ての先行で全滅を食らった人からすれば行けるだけでも充分だろうが!!と突っ込まれるかもしれませんけど自分の身体が空いている日に推しの芝居を観られずに過ごすこの悔しさは!!多分恐らくグループ内のブロガー様にはわかっていただけるんじゃないかと思います!!!

しかし今回、チケ争奪がえげつなかった部分はある意味しゃーなしとして、舞台の上演日程の方が私にとってはめちゃくちゃ厳しいものだったのが、個人的には超悔しいです。以前ブログでちょろっと語っていますけど、私の仕事は日祝+月によっては毎週固定で平日に休みが貰えるという設定(?)なので、順当にいけば全通は無理でも半通くらいは可能だったりするんです。……が、今月に限り大型連休の煽りを受けて連休のある翌週《だけ》は平日休暇を取れなくなってしまった為に『この日は多分休みになるから観に行けるはず!』と思って取ったチケット(※しかもキャスト先行)全部手放す羽目になってしまい……半通どころかギリ1/3……つら……

 

3年近く推しを推してて色んなことがありましたけれど、チケット代や遠征費用を工面するより、現場に赴く時間の工面をするのが1番難しいのを痛感します。何しろ自分が就いてる仕事、役職付きの立場もあるので拘束時間がバリ長い。日祝休みで収入が良いのはオタク的にはありがたいけど、とにかく拘束時間が長い。とはいえ今更転職をして土日祝日に休みが貰えて17時頃に定時退社が可能な仕事に就こうとしても、これがなかなか難しい。わかはいオタクに例えて言えば今までずっとTOとしてやってきたのをすっぱりやめて、別界隈で推しを見つけてド新規オタクになるようなもので、現場に赴く時間が今より増えたとしても、推しごとにかける資金が今よりガクンと減るのはさすがに勘弁願いたい。クソなオタクは思考回路がクソなので《日程的に全通可能な舞台であっても金銭的に全通するのは無理ゲーだから、せめて半通だけはする》より《日程的に全通するのは無理ゲーだけど行ける限りは全部行くので、結果的には半通になる》なら、まず間違い無く後者を選ぶ。1番良いのは全通出来る時間も金も工面が出来るオタクなんだと思うんですけど、こればっかりは自分の人生を1回リセットかけない限り、正直無理な話です!!!そんなミラクル起きないことはわかっているから一層つらい!!

 

社会人、金はあるけど時間が無い。お金で時間を工面出来たら、それが1番オタクにとってはベストな方法なんですがねえ。