人生、難あり

若俳推し活備忘録

今から色々胃が痛い話

どうもこんにちは、クソオタクです。

 

気付けば暦も7月を迎え、遂に今年もあと半分となりました。クソなオタクは今月ひとつ現場があるのでなんとか元気に生きていますが、推しがなかなか稽古についてを語らない(※7月3日現在)のでモチベは現在落ち着いてます。どうにも現場の間隔が開くと「このままオタ卒するのもアリか」と思ってしまうクソオタク。気持ちはさながら『最後の一葉』の主人公。手持ちのチケがもぎ尽くされたその時は、オタクの残機もゼロになります。ただ、今夏以降の現場が決まれば残機は当然復活するので、なんらかの告知がありますことを願っています。

 

……と、記事冒頭にあたる部分をつらつら下書きしていたこの時。まさかそれから数時間後に来年年明け1発目になる現場の告知が入ってくるとはさすがに私も全く想像していませんでした。(※これで確実に推しバレするかと思われますが、今まで通り推しが誰かを明かす予定はありませんので、どうか何卒『知らぬ存ぜぬ』で引き続き宜しくお願いします)

いやもうね、残機ゼロとか呑気に言ってる場合なんかじゃなかったです。もしもチケット取れなかったら、残機どころかライフがゼロです。つか、8月以降の現場の告知がまだ来てないのにいきなり秋冬すっ飛ばされて来年の話が始まるなんて、クソなオタクもこれはさすがに予想が出来ない!!!先日ちょろっと同担さんとのグループラインで「多分恐らく7月あたりに何かの告知が来るだろうとは思うんですけど(^^)」とかいう話は確かにしたよ!!ええしましたよ!!!だけども正直『ヤッター!予想が大当たりィ〜〜!!』とかはしゃぐ余裕は!全く!!!無い!!!!!仕事も!!!全く!!!手につかない!!!!!!

 

……それでは皆様、良い推しごとを……